Pocket

今年の初戦となったシンガポールオープンを18位タイとし、まずまずのスタートを切った出水田大二郎(いずみだだいじろう)です。

 

昨年は終盤で盛り返したものの、1年を通して予選落ちも多く、不本意なシーズンでした。

 

そんな出水田大二郎プロのクラブセッティングはいかにもロングヒッターといった印象を受けますね。

 

その中で目を引くのは、3番ウッドの下にアイアン型のユーティリティを入れている点でしょう。

出水田大二郎のクラブセッティング

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%87%BA%E6%B0%B4%E7%94%B0%E5%A4%A7%E4%BA%8C%E9%83%8E&imageId=225524

出水田大二郎プロに期待するのはツアー2勝目ですね。もちろん本人も十分解っていますしそこを目標にしています。

 

出水田大二郎プロは自分のゴルフをワンランク上げるためにシャフトを替えました。

 

さらに課題の一つとしてショートゲームの強化も行ってきました。

ドライバーはスリクソンZ785

ドライバーはオーソドックスな見た目で構えやすいと言うスリクソンZ785を使用しています。

 

飛距離性能が高く、打音と打感が気に入っているようです。

 

関連記事(このサイトから離れます)⇒ドライバーの選び方。初心者でも使えるNEWスリクソンZはここが凄い。

 

ロフト:9.5度
長さ:45インチシャフトはクロカゲXD(60)(X)

フェアウェイウッドはスリクソンZ F45ツアー

ライを選ばず振り抜ける点が気に入っていると言います。このフェアウェイウッドは長年愛用している一本です。

 

レイアップするするティーショットだけでなく、フェアウェイやラフからもシャープに振り抜けます。

 

ロフト:15度
長さ:43インチシャフトはクロカゲXD(70)(X)

UTはスリクソン Z U45

距離も出て、操作もできる18度のアイアン型UTを入れています。

 

アイアン型UTは、狭いホールのティーショットやパー5のセカンドショットで使用しています。

 

ウッドよりも操作しやすく使い勝手が良いと言います。

 

ロフト:18度
長さ:39.5インチシャフトはNSプロ モーダス3 プロトタイプ(S)

アイアンはスリクソンZ585(3I~5I)

アイアンは5番と6番を境目にモデル違いのヘッドを使用しています。ロングアイアンは球の上がりやすさを重視しています。

番手 ロフト 長さ
3I 20度 39
4I 22度 38.5
5I 24度 38

 

シャフトはNSプロ モーダス3システム3プロト(X)

アイアンはスリクソンZ785(6I~PW)

6番より下は操りやすさを大事にしています。

番手 ロフト 長さ
6I 28度 37.5
7I 32度 37
8I 36度 36.5
9I 41度 36
PW 46度 35.5

 

シャフトはNSプロ モーダス3システム3プロト(X)

ウエッジはクリーブランド RTX-3

ウエッジは52度と58度を使用しています。オフシーズンにグリーン周りを練習を強化してきました。

 

なぜなら昨年はもったいないボギーがとても多かったからです。とコメントしています。

 

ロフト:52度/58度

シャフトはダイナミックゴールドツアーインシュ

パターはオデッセイ ミルドコレクション6M

重めのヘッドでストロークを安定させています。シンプルに同じストロークできるように心がけているようです。

ボールはスリクソンZ-STAR XV

ボールもダンロップスリクソンZスターXVですね。

 

関連記事(このサイトから離れます)⇒ゴルフボールの選び方。ゼクシオとスリクソンの種類と評価?

 

出水田選手のセッティングはボールまで全てがダンロップのスリクソンです。

 

やはり日本人が一番しっくりするクラブである事は確かなですね。

 

いかがでしたか。出水田大二郎プロのクラブセッティングでした。

 

スリクソンはニューモデルの「スリクソンZX」を10月17日にリリースします。

 

男子では星野陸也プロが、女子では小祝さくらプロが「スリクソンZX」で優勝しました。

 

出水田大二郎プロも替えると思います。頑張って優勝して欲しいですね。

 

さて、ニューモデルを購入する時は、使用しないクラブは自宅においたままですか?

 

自宅にあるクラブは査定に出しましょう。

 

ビックリするような高額で買い取って直ぐに振り込んでくれます。

 

新クラブを購入すれば、一般的にクラブマニアでないかぎり今までのクラブは使用しません。

 

ならば、クリック査定で買い取り金額を調べてみましょう。ビックリですよ!!

出水田大二郎のクラブセッティングのまとめ

1993年生まれで鹿児島県出身のプロゴルファー出水田大二郎選手。

 

2018年のKBCオーガスタで初優勝しプロの証である2勝目を狙っています。

 

以前のセッティングはウッド型のUTを入れていましたが、アイアン型の方が使い勝手がよかったので替えたようです。

 

狭いホールのティーショットで使うこともあり、いろいろなライからでもコントロールしやすく、活躍の場がウッド型よりも多かったようです。

 

基本的には右のミスが嫌いなので、つかまりのよいシャフトを入れたら、よりコントロール性がよくなったとコメントしています。

 

男子ツアーの開幕戦は9月の「フジサンケイクラシック」でした。

 

開幕戦に向けて自宅で練習する日々を過ごし臨んだフジサンケイは54位でした。

 

男子ツアーは女子に比べて試合が少ないですが出水田プロなど若いプロ達の活躍で必ずファンもついてくると思います。

 

豪快なショットを放す出水田プロを応援して下さい。