Pocket

関藤直熙(せきとう なおき)のクラブセッティングを紹介します。エースドライバーはブリヂストンツアーB JGR(2019)です。

 

2020年7月に開催された男子ゴルフ「JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント」で優勝を飾った関藤直熙プロ。

 

憧れの先輩は同じ広島出身の谷原秀人です。

 

地元の広島で開催したジュニア大会「谷原秀人ジュニアクラシック」に初回から3年連続で出場していました。

関藤直熙“ADT賞金王”のクラブセッティング

昨年(2019年)のアジアンツアー二部、アジアディベロップメントツアー(ADT)に参戦し賞金王に。

 

今季は日本とアジアを股にかけてプレーします。

ドライバーはブリヂストンツアーB プロト


一般的にブリヂストンツアーB JGR(2019)はつかまりのよさは2017と比べてもそのままで、振っても左に行きにくいです。

 

弾き感が強く、スイートスポットも広くなったので飛距離も方向性も落ちません。

 

インパクトでフェースがたわみ、バネのようにボールを押し出す感覚が非常に気持ちが良いです。

ロフト:9.5度

シャフト:ツアーAF IZ-7(X)

フェアウエイウッドはツアーB XD-F(3W/5W)

ロフト:15度/18度

シャフト:ツアーAD IZ-7(X)/ツアーAD IZ-8(X)

アイアンはツアーB X-HI(3I)

ロフト:21度

シャフト:ツアーAD DI-105(X)

アイアンはツアーB X-CB(4I~PW)

一般的に、やさしくなったが打感は物足りないかも・・・

 

ストレートネックのコンパクトなキャビティ。トウの高さが低いいわゆる逃がし顔です。

 

フェードをイメージしやすく、フックのミスが多い人も安心感があります。

 

芯を外しても当たり負けしにくくなっているので中級レベルでも十分に使えるアイアンです。

シャフト:プロジェクトX(6.0)

ウエッジはツアー B XW-F(AW/SW)

ロフト:52度/58度

シャフト:プロジェクトX(6.0)

パターはオデッセイ オーワークス ツアー R-BALL

ボールはツアーB X ボール

ボールはブリディストン契約ですのでブリヂストンツアーB Xボールですね。

いかがでしたか関藤直熙プロのクラブセッティング。

 

プロゴルファーも自分のスイングの特徴を活かしてくれる「自分に合ったクラブ」を見つけています。

 

でも、アマチュアの方は先ずは「信頼できるコーチとの出会い」が一番です。

 

【ゴルフ上達への近道】

そこで、最短でレベルアップを計る


【50分の無料レッスン体験実施中】
の【ライザップゴルフ】が今話題です。


その他、時間をかけて学びマイゴルフをレベルアップする【ゴルフテック】も注目されています。

 

どちらのスタジオでもあなたのスイングをデータ分析してくれます。

 

さて、関藤直熙プロの今季はQT11位の資格で日本ツアーに本格参戦します。しかし、JGTOは試合が相次いで中止になりました。

 

しかし、7月のエキシビション競技「JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント」に参戦し、見事に優勝を飾りました。

 

まだ22歳という若さの関藤直熙プロはアジアの下部ツアーで賞金王に輝くなどすでに海外での経験も豊富です。

 

久ぶりに男子ゴルフにも若手で今後の活躍が最も期待される男子プロが登場しました。

 

さて、関藤プロのクラブへのこだわりは超感覚派のようです。

関藤プロのクラブに対する意見

見た目が好きなクラブじゃないと、自分の打ちたい球のイメージがわかないんです。

 

だから見た目から難しさを感じるクラブは苦手。

 

あとフェースの向きはかぶっているよりも、真っすぐか、少し開いているクラブが好きですね。

プロらしいコメントです。

 

尊敬する谷原秀人プロも同じですが海外のコースはコンディションがハードです。

 

何しろ対応力が問われます。だからこそ球筋のイメージ力が重要な要素になりますね。

 

「少し開いているのが好み」というワードから、操作性のいいクラブを好んでいることがわかります。

関藤直熙“ADT賞金王”のクラブセッティングのまとめ

印象的には久しぶりに若手で将来有望な選手が登場したという感想です。

 

昨年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」でアマVを飾った金谷拓実さんとは小学時からの友人です。

 

広島国際学院高では関藤プロが2学年後輩でした。

 

男子ゴルフはフジサンケイで8か月ぶりの再開開幕戦です。

 

女子ゴルフと同じくやはり若手で“すがすがしい”選手が活躍しないと男子ゴルフの人気は上がりません。

 

これからの活躍に期待しましょう。