愛する人へアマゾンプライムでプレゼント!

宮本勝昌”信頼”のクラブセッティング2022。

日本人プロ
Pocket

ブリヂストンゴルフと長きに渡り契約をしている宮本勝昌の信頼しているクラブセッティングを紹介します。

宮本選手は基本的にはクラブを頻繁に替える選手ではないですね。

それでも、2022年のドライバーはB2に替えていました。

ウエッジに関して言えば本人もいつから使用しているか定かでないほど「ツアーB XW-B無限」を使用しています。

でもクラブを替えないという事は新しいものを取り入れないという事ではないようです。

いいものは純粋に取り入れるが、そこまで時間がかかるということです。

やはり2022年は50歳のベテランですので、クラブに関してのうんちくはお持ちのようです。

宮本勝昌”信頼”のクラブセッティング2022。

クラブセッティングは若い時から変わりませんね。アイアンメインの構成でUTは採用していません。

ウエッジは最近では珍しい2本派です。

ドライバーはブリヂストンゴルフB2。

ドライバーはブリヂストンゴルフのB2を使用しています。

ロフト:9.5度
シャフト:グラファイトデザイン・ツアーADプロトタイプ
長さ:44.25インチ


フェアウエイウッドはテーラーメイドM5(3W/5W)

ロフト:15度/19度
シャフト:グラファイトデザイン・ツアーAD MJ-7(X)/ツアーADプロトタイプ

フェアウエイウッドも使用歴は長めです。ボールを拾いやすく直進性も高いテラーメイドM5を使用しています。

 

また適度なスピン量が操作性を高めています。

3アイアンはホンマツアーワールドTW-U

ロフト:19度
シャフト:NSプロ モーダス3ツアー125システム3(X)

2020年に新投入し飛距離面をカバーしてくれる3Iを入れています。球が上がりやすくグリーンで止まってくれるアイアンです。

アイアンはツアーB 201CB(4I~PW)

ウエッジはツアーB XW-B 無限

ボールがフェースに乗る感覚が逸品です。自身の手の感覚をそのまま反映してくれる「ツアーB XW-B 無限」です。

新しいものももちろん試しますが、このウエッジを上回るものになかなか出合えていないと言います。

パターはスコッティ―キャメロン・ファントムX T-8。

パターはスコッティ―キャメロン・ファントムX T-8


出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E5%8B%9D%E6%98%8C&imageId=276558

ボールはブリヂストンツアーBX。

ボールはブリヂストンツアーBXを使用しています。

 

他の選手のクラブセッティング一覧はこちら
男子ゴルフのクラブセッティングを“メーカー別”に紹介。

ところで、男子ゴルフファンのゴルファーの皆さま!!

2022年は、テーラーメイドから「ステルス」が、キャロウェイからは「ROGUE ST」が、ともに「飛距離を大きく伸ばす」技術開発で注目されました。

ツアーで活躍する選手のクラブセッティングはあなたのゴルフにきっと役立つはずです。

でも、飛距離アップの秘訣は「あなたのスイング改造」です。オフシーズンに試すことをお勧めします。

先ずは公式ページに今すぐアクセス⇒



詳細はこちらから
ライザップゴルフの「ゴルフ力診断」で、あなたのゴルフが変わる。

きっと満足しますよ。

宮本勝昌”信頼”のクラブセッティング2020。

エースドライバーの「ブリヂストンツアーB XD-3」は19年の優勝時のドライバーです。

ドライバーはブリヂストンツアーB XD-3

 

シャープな顔つきで操作性も高いクラブが好みですね。宮本勝昌選手はフェードヒッターだけにボールの食らいつき具合が重要ポイントです。

新しいタイプも試していますが、完全に替えるには時間がかかるとコメントしています。

ロフト:9.5度


シャフト:ツアーAD MJ-7 プロトタイプ(X)

フェアウエイウッドはテーラーメイドM5(3W/5W)

フェアウエイウッドも使用歴は長めです。ボールを拾いやすく直進性も高いテラーメイドM5を使用しています。

また適度なスピン量が操作性を高めています。

ロフト:15度/19度


シャフト:ツアーAD F プロトタイプ(X)

3アイアンはホンマツアーワールドTW-U

2020年に新投入し飛距離面をカバーしてくれる3Iを入れています。

球が上がりやすくグリーンで止まってくれるアイアンです。

ロフト:19度


シャフト:NSプロ モーダス3ツアー125システム3(X)

アイアンはツアーB 200CB(4I~PW)

アイアンはコースのタイプにとって2種のアイアンを使い分けています。ここで紹介するアイアンは「ツアーB 200CB」他に201CBもあります。

開幕戦のフジサンケイではキャビティを使って、翌週はブレードタイプを使用したようです。

両方いい感じなのでそれぞれの特徴を把握して使い分けていくでしょう。

ロフト:21.5/24.5/27.5/31.5/36/41/46度


シャフト:NSプロ モーダス3ツアー125システム3(X)

ウエッジはツアーB XW-B 無限

ボールがフェースに乗る感覚が逸品です。自身の手の感覚をそのまま反映してくれる「ツアーB XW-B 無限」です。

新しいものももちろん試しますが、このウエッジを上回るものになかなか出合えていないと言います。

宮本選手の感性に100%応えてくれるウエッジなのですね。

ロフト:52/58度


シャフト:NSプロ モーダス3ツアー125システム3(X)

パターはスコッティ―キャメロンサークルTプロトタイプ

ボールはブリヂストンツアーBX

出典:https://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E5%8B%9D%E6%98%8C&imageId=225797

ブリヂストン契約プロの揃い踏みですね。ボールは「ブリヂストンツアーBX」を使用しています。

宮本勝昌のプロフィール。

宮本勝昌のプロフィール

所属契約先:ハートンホテル
出身地:静岡県
出身校:日本大学
プロ転向年:1995年
優勝回数:12勝


生年月日:1972年8月28日
身長:174cm
体重:76㎏
クラブ契約:ブリヂストンゴルフ

まとめ。

2021年は49歳になる宮本勝昌です。

2001年には「日本ゴルフツアー選手権」と「日本シリーズ」の2冠を制し、2014年の「日本シリーズ」で通算10勝に到達しました。

日本というタイトルになると強い選手というのが印象ですね。

そして、「令和初のトーナメント」2019年『中日クラウンズ』では最終ホールのバーディで混戦を制して2年ぶりに復活優勝しました。

ツアー通算12勝目です。

チーム芹澤のメンバーでいつも藤田寛之選手たちと和気あいあい練習ランウドをしている様子が目に浮かびます。

これからもまだまだ活躍して欲しい選手ですね。応援しましょう。

タイトルとURLをコピーしました