Pocket

池村寛世プロのクラブ契約はテーラーメイドです。ドライバーはSIMグローレを手にしていました。

 

2019年の池村寛世プロのバックにはフェアウェイウッドが入っていませんでしたが、2020年はなんとFWがありました。

 

飛ばし屋らしい池村寛世プロのこだわりが詰まったセッティングです。

 

池村は言います。

どうしてもしっくりくる3番ウッドが見つかりません。ですのでよく直ドラを練習しています。

 

日本プロで実際に試合で試してみたら、結構使えるじゃんってな感じでした。

 

それで3番ウッドを思い切って抜いたようです。

 

ドライバーの飛距離は300ヤードを超える飛ばし屋の池村寛世プロです。当然ヘッドスピードも速いのです。

 

アイアンタイプの2番UTでも高さを出しながらも、グリーンで止められることも、3番ウッドを抜く要因になりました。

池村寛世のクラブセッティング2020

2020年のクラブセッティングはフェアウエイウッドが入っていました。気に入ったウッドが見つかったようです。

 

9月上旬に行われた九州オープンでは池村プロが手にしていたドライバーはSIMグローレでした。

 

そして、男子ゴルフ2020年の開幕戦9月の「フジサンケイクラシック」でも試して即採用したようです。

 

SIMグローレの飛距離は315ヤード。これからの試合が楽しみです。

ドライバーはテーラーメイド SIMグローレ

ドライバーはSIMグローレです。

 

ロフト:9度


シャフト:Tour AD HD-6 (TX)

 

フェアウエイウッド(3W)テーラーメイド SIM MAX

ロフト:15度


シャフト:Tour AD QUATTROTECH 65 (X)

UTはテーラーメイド GAPR LO

ロフト:17度/19度


シャフト:Speeder TR HYBRID 85( X)/ Speeder TR HYBRID 95 (X)

アイアンはテーラーメイド P7TW(4I~PW)

シャフト:SYSTEM3

ウエッジはタイトリスト Vokey

ロフト:48度/52度/58度

 

いかがでしたか。池村寛世プロのクラブセッティング。ウエッジ以外は全てテーラーメイドです。

 

2019年度のドライビングディスタンスは5位でフェードヒッターです。

 

池村寛世プロが2020年度から使用するテーラーメイドのSIMをあなたも試して下さい。

 

さて、ゴルフ上達の秘訣は自分に適したクラブとの出会いです。

 

でもそれ以上に大切なのは「あなたに適したコーチとの出会い」です。

 

【ゴルフ上達への近道】

そこで、最短でレベルアップを計るなら

【50分の無料レッスン体験実施中】の【ライザップゴルフ】です。


時間をかけて学ぶなら【ゴルフテック】でレベルアップして下さい。

 

池村寛世のクラブセッティング2019

 

直ドラするので3番ウッドは必要ありません。

ドライバーはテーラ―メイドM5

座りの良さが最も大事にしていると言います。

 

3番ウッドと兼務しているテーラーメイドM5です。ドライバーはティーアップして300Y、直ドラで270Y飛びます。

 

構えたときの座りの良さを重視し、特にフェース面の見え方が重要と言います。

 

できるだけフェースが見えているものが良いそうです

 

ロフト:9度
長さ:45.25インチ


シャフト:ツアーAD TP-6(X)

UTはテーラーメイド GAPR LO(2UT/3UT/4UT)

FWよりも正確にピンを狙えるUTです。アイアン感覚で打てる点が最大のメリットです。

 

池村のヘッドスピードがあるからこそ2UTでも高弾道が打てるのです。

 

ロフト:17度/19度/22度
長さ:41.25/40.75/40.25


2UT:シャフトはTRハイブリッド85(X)/3UT/4UTシャフトはTRハイブリッド95(X)

アイアンはテーラーメイドP7TW(5I~PW)

距離感が出しやすいアイアンです。縦の誤差が出にくいと言うマッスルバック(タイガーモデル)。着弾点をつねに計算できるため、ピンまでの距離を正確に打てます。

 

ロフト:27度/31度/35度/39度/43度/47度
長さ:38/37.5/37/36.5/36インチ/35.75インチ


シャフト:AMT ツアーホワイト

AWはボーケイ SM7

 

ロフト:49度/54度
長さ:35.5/35.25インチ


シャフトはダイナミックゴールド(S200)

SWはボーケイツアープロトタイプ

 

ウエッジも座りやすさが大事と言います。ウエッジは開いて使うことが多いため、開いた時の顔にこだわっています。

ロフト:59度
長さ:35インチ


シャフトはダイナミックゴールド(S200)

パターはオデッセイプロタイプiX #5CS

アドレスしてピタッとアライメントが決まるパターが好みです。

 

打感やフィーリングは大事だが、アドレス時の安心感が最も大事にしていると言います。

ボールはテーラーメイドTR5

ボールもやはりテーラーメイドのTR5です。

池村寛世のクラブセッティングのまとめ

池村寛世は1995年生まれの鹿児島県出身です。

 

2019年はトップテンが3回あります。将来が期待されている若手の一人です。

 

さて、池村がクラブで最も大事にしているのは顔です。構えた時の座りの良さで判断しています。

 

3番ウッドは、その座りの部分で感覚にマッチするものがなかったと言っています。

 

でも2020年はSIMで見つかったのですかね。

 

アイアンからウエッジ、そしてパターまで顔が大事だそうです。

 

構えた時に違和感があると、それがそのままスイングに影響してしまいますよね。

 

ですから顔が大事と言うのはプロゴルファーの感性ですね。