中西直人“エポン契約”のクラブセッティング2021。
スポンサード
Pocket

世界で唯一のエポン契約選手・中西直人のクラブセッティングを紹介します。

 

女子ゴルフのインターネット中継の解説で知ったゴルファーも多いと思いますがゴルフへの愛着とこだわりはとても素晴らしいです。

 

契約先のエポンは大手クラブメーカーのOEMを手掛けているあの有名な「遠藤製作所」のオリジナルブランドです。

 

神戸の三浦技研のこだわりのクラブに匹敵するクラブですね。

中西直人“エポン契約”のクラブセッティング2021。

 

遠藤製作所のオリジナルブランド”エポン”は今まで選手とクラブ契約を結んでいませんでした。

 

中西直人が今回契約したことで第1号になるわけです。

 

中西直人のギアへのこだわりや愛情の深さに共鳴した遠藤製作所がマッスルバックの概念を覆すアイアンを完成させたのです。

 

ただ、現在はプロトタイプなので一般販売はしていません。

 

中西直人の2021ツアーに注目して下さい。

 

それでは中西直人の”エポン契約”のクラブセッティング2021を紹介します。

ドライバーはピン425MAX。

 

ロフト:10.5度
シャフト:VENTUSブラック(GX)

ドライバーはピン425MAXを使用しています。

 

前作のピン410も使用していましたが、それ以上の性能で今はエースドライバーにしています。

 

弾き感があるのにつかまりがいいという不思議な感覚があり、球の高さもコントロールできるのが良いとのことです。

フェアウェイウッドはSIM MAX(3W/5W)

 

ロフト:14度/18度
シャフト:VENTUSブルー(7X/8X)

 

このFWは高く上がって、飛んで、止まるというFWに必要な要素を満たしてくれると言います。

 

特に3番ウッドはプロにとってもいいものに出会うが難しいとのことで、同じFWを長く使用するプロは多いですよね。

 

ただ、中西プロにとってこの2本は別次元であったようです。

UTはエポンゴルフAF-906

 

ロフト:24度
シャフト:MCI 110(X)

アイアンはエポックゴルフAF-Tour MBプロトタイプ(4I~9I)。

ロフト:25度/28度/32度/36度/40度/44度
シャフト:ダイナミックゴールド120(X100)

 

「日本刀みたい」と周りから言われているエポックのアイアンです。

 

シャープなフォルムとデザインは中西直人のこだわりの一つです。

 

重心を低く設定していることで極端に上から打ち込まなくても高さが出て、しっかり距離も出ます。

 

マッスルバックはボールが上がりづらくて難しいというイメージを持っているゴルファーが多いと思います。

 

ですが、このアイアンはやさしくて見た目が良くて飛ぶアイアンですと中西は言います。

ウエッジはエポックゴルフ(PW/AW/SW)

ウエッジは3本ともエポックゴルフ Tour WedgeタイプMプロトタイプです。

 

ロフト:48度/54度/60度
シャフト:ダイナミックゴールド120(X100)

 

ソール幅やバウンスなど細かいこだわりがある中西直人です。この3本のウエッジにこだわっているのはソールの形状です。

 

ソールやバウンスを調整することで、さまざまな芝に対応が可能になります。

パターはスコッティ・キャメロンサークルTプロトタイプ。

ボールはタイトリストプロV1X イエロー。

中西直人のプロフィール。

中西直人(なかにし なおと)のプロフィール

所属先: 国際スポーツ振興協会
生年月日: 1988年08月11日
出身地:大阪府
身長 :177cm
体重 :80kg
血液型: B型
出身校: 日本大学ゴルフ歴 :9歳~得意クラブ サンドウェッジアマチュア時代の戦歴: 関西アマチュア 優勝、日刊アマ 優勝、日本学生3位
ツアープレーヤー転向: 2010年10月05日QT受験回数: 5回

中西直人はサトウ食品と契約。

日本ゴルフツアー機構の新規大会「プレーヤーズチャンピオンシップ」が5月6日開幕で決まりました。

 

そして、主催するの新規大会の特別協賛に、中西直人と契約を結んでいるサトウ食品に決まりました。

 

大会の正式名称は「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品」です。

 

開催場所は栃木・西那須野CCで開催いたします。

中西直人“エポン契約”のクラブセッティング2021のまとめ。

2020-21年3月時点での賞金ランクは21位です。

 

ですので、中西直人の名前はまだまだ浸透していないと思いますが、ゴルフ理論は独特です。

 

その独自のゴルフへのこだわりがクラブセッティングに現れていますね。それは・・・

 

遠藤製作所と言えばゴルフファンの方々は知っているでしょう。ゴルフメーカーのOEMを手掛けているメーカーさんです。

 

そのマッスルバックをみごとに使いこなしているのが中西直人プロです。

 

2021年のJGTOの大会で注目して下さい。

スポンサード